割り切り

「主婦の割り切りってどう思います?」とタケウチさんが僕のチンチンを握りながら聞いてきた。
正直なところ、僕が旦那だったらすごく嫌だなと思う。でも、それを口にしたらもうタケウチさんは「それもそうだね」と僕に会ってくれなくなるのではないかと思うと、はっきりとは言えない。すると、タケウチさんは僕の逡巡を見透かしたかのように「そう言うところが優しいですね」と柔らかいキスをしてくれた。
タケウチさんと知り合ったのは割り切りのサイトだった。その通りに彼女は割り切りを希望していたのである。そして、僕は上手いことタケウチさんと割り切ったお付き合いをさせていただくことになったのだ。
ぶっちゃけ、タケウチさんの目的はお金だ。さすがになぜお金が必要かまでは聞けなかったが、風俗とかは考えなかったんですか?と聞くと、主婦に風俗勤務は厳しいと言われた。「時間の都合が自分でつけられて効率よくお金を稼げると言えばこれが最適ですからね」とタケウチさんは握った指を上下させながらちょっと恥ずかしそうに微笑んだ。
不倫
ちょうど指がカリの部分を刺激して自分でオナるより数段気持ちがいい。きっと、旦那さんにたっぷりと仕込まれているのだろうと考えると、ますます僕はそそり立つ。
だから、人妻の方がいいのだ。確かに旦那の立場からしたら、奥さんが他の男を悦ばせていると考えたら気分がいいわけではない。しかし、そんなことは夫婦間の問題であって、日々是快楽を求める僕には関係がない。あまり経験のない若い娘のぎこちない手つきを相手にするよりは、経験豊かな熟女な人妻の方が断然いいのである。結婚しているからとかカレシがいるからとか、そのような立場を考えなくていい言葉こそが「割り切り」なのだ。割り切ったお付き合いとはそう言うことを指すのである。だから、僕はこう言う相手は断然人妻を選ぶ。
お互いに果てた後、枕を並べてしばらくタケウチさんと手を握り合いながらぼーっとする。そんな至福の時間を打ち切ったのは「これから保育園に子供を迎えに行って旦那のご飯作らなくちゃ」とのタケウチさんの言葉だった。こうして、僕も彼女もワリキリの世界から現実の世界に戻っていくのである。
セフレの作り方
浮気したい

クリトリス肥大化

この間、寝た女なんだけど、いきなりクリトリス肥大化するタイプの女だったんだよね。
いや、もうびっくりした!
クンニしてたのよ。それで、ちょっとクリのところを吸ってやってたら、クリトリス肥大化してくんの。
それで、ヴァギナなんかに指突っ込んでやると、チュウチュウ自分から吸いついてくるから、よっぽどエロい体なんだなと思ったね。
見た目は、割と清純っぽい女だったし、そこそこ会話も面白くて、知性的なタイプなのかと思ったら、ただのエロ女でした。
大豆くらいの大きさにはなってたね。
オナニー鑑賞を続けていたJDとオフパコの約束に成功
っていうか、皮から既にはみ出してる状態だったよ、最初から。
ちょっと指でつついただけで、体よじって「気持ちいい~」って叫んでたしね。
感度のいい女だったんだろうね。
クリトリス肥大化も、感度によるっていうから、よっぽど感じてたんだろうね~。
最初はゴムつけてやろうと思ってたんだけど、こっちが間に合わなくなりそうで(笑)
生で突っ込んじゃった。もちろん、外に出したけどね。
だって、これだけ感じてる女見てたら、こっちだけゴムつけて感度を鈍らせるのかバカバカしくなるって。
俺、もともとゴム付けるの嫌いだしさ。
クリトリス肥大化してる女の感度にも驚くけど、その体力にも驚くね。
俺的には三回戦くらいまでなら、なんとかヤレるんだけど、それ以上はちょっと体力的に無理。
それなのに、彼女、その状態からまたフェラしてくるからね。
もう無理!って思ってたけど、フェラでまた復活して・・・性欲に狂った女って体力半端ないね。
乳頭吸引器
乳首責め

宿泊場所提供

出会い系を利用している人ってやっぱり出会い系に対してはマイナスイメージが多いのでしょうか。

個人としてはもしそのようなイメージを持っている人がいれば、今すぐその発想は変えるべきだと思います。

というのが、女の子はとにかく積極的に絡んでくれるようになればほぼ確実にセックスまでいけますし、出会い系を利用しているタイプの女の子は普通の女性に比べたら圧倒的にセックスまで行ける率が高いので個人としてはもうやめられないレベルになっています。

自分は出会い系を利用している中でも大切にしていることがあります。

それは宿泊場所提供を女の子に対してするということですね。

女の子を持ち帰ろうとすると個人的にはホテルなんかでセックスをするというようなことは正直あまり良いものではないと思います。

自分の場合はホテルなんかは変な駆け引きが発生するので好きではないのでそのまま宿泊場所提供するから宅飲みしようと言って誘っていつもセックスまでいかせてもらっています。
セフレ 掲示板

気持ちの良い時間を丁寧に使うことができますのでやはり出会い系はやめられないですし、自分は積極的にいやらしい体験をさせてくれるような女の子とこれからも蓮楽をとっていこうと思いますが、やはりそういう人からは快楽をたくさんもらえました。

ちなみに今回エロい展開になった女の子は現役の女子大生ですので自分としてはかなりいやらしい時間を過ごさせてもらいました。

完璧に快感を手に入れるということが自分としては本当に衝撃的でしたが、こんなに簡単にできていいのかと出会い系を利用していたら思うくらいに簡単にことは進んでいきますよ。

自分としてはそういう意味で病みつきになっている感じの状態です。

セフレ募集掲示板
愛人募集掲示板

プチ援

ちょっと嫌なことがあって家に帰りたくなくて、カフェが併設されてる本屋さんで時間つぶしてたんだよね。
そしたら、隣にオジサンが座ってきてね。
「プチ援しない?」って誘われた・・・。
もう速攻で逃げた!怖かったし、自分がプチ援しそうな家出少女だと思われてたと思うと、もう恥ずかしくて!
もともとちょっと友達とケンカしちゃってブルーになってた時に、別の方向でブルーになっちゃって。
プチ援しない?なんてさ、そんな風に見えてたんだ、私・・・ブルーにもなるよね。
だけど、その時、あんまり別方向のブルー要素が生じてきたせいで、思わず、何も考えもせず、そのケンカした友達に電話かけちゃっててね。
フェラされたい
「ちょっと聞いてよ!今、知らないおじさんにプチ援しない?って声かけられて、怖くて逃げてきたの!」って言った後に、あ、今ケンカしてたんだ!って思い出して・・・。
だけどね。
その友達、「ちょ、大丈夫?今どこ?もしかしたらその人につけられてるかもしれないから、迎えに行ってあげる!」ってわざわざ私がいるところまで迎えに来てくれたんだ、その子。
待ってる間、ケンカしてたこととか、そのケンカの原因のこととか、そんなことどうでもよくなっちゃって。
その子が急いで走って来てくれるのを見てたら、なんか涙出てきちゃって。
「よっぽど怖かったんだ?大丈夫?」って言われたら、急になんか、うれしいんだか悲しいんだかよく分かんない気持ちになってきてね。
その時「ありがとう」と「ごめん」しか私、言えなかったんだ。
セックス依存症
セフレが欲しい

オナニー友達

一応、俺たち付き合ってるんだよ。
だけど、してることって言ったら、ただのオナニー友達と大差ないんだよね。
彼女と初エッチしようとした時なんだけど、彼女、まさかの処女だったのよ。
それで、俺のって自分で言うのもなんだけど、結構太いんだよね。
それで入らなくて・・・。
痛い、無理!って大暴れされて、できなくて。
それ以来、彼女、怖がっちゃってさ。
徐々にならして行けばいいって俺も余裕かましてたんだけど、付き合ってもう一年近くになるのに、挿入させてもらえたことないの。
電話エッチでオナ指示をした女子大生とセフレ関係になりました
ただのオナニー友達どまりだね。
一応、太さにならすために指一本から始めて、二本とか、三本、大人のおもちゃ使ったりして、広げてるんだけどね。
だけど、最初に痛い思いさせてしまったから、トラウマになってるのか、チャレンジしようとすると「痛い」って。
何度か、「今日こそは!」って意気込んでチャレンジしたこと、何度かあるんだけど、全滅なんだよね~。
オナニーしてる時は、気持ちよさそうにしてるし、イクってことも覚えてきてるから、大丈夫だとは思うんだけど。
早くオナニー友達卒業して、ちゃんと普通に付き合ってる恋人同士になりたいって思ってるけど・・・。
こういうのって無理強いしちゃうと、後が大変だから、時間かけないとダメでしょ?
彼女の体のことなら、隅から隅まで知ってるけど、肝心の穴の奥のことは全く知らない・・・。
今さらながら自分の太さと長さが恨めしいよ。
今まで散々女をイカせまくってたのに、なまくら化しちゃってるもんな、最近・・・。
セフレ掲示板
セフレ検索アプリ

出会いカフェ

親と喧嘩して家を出て行ってからは友達の家に泊まっています。友達の彼氏が来るときは、お邪魔にならないように外出します。そして、時間つぶしに出会いカフェに行きます。お菓子もタダで食べれるし、運が良ければ体の関係なしでも焼肉とかご馳走してくれるかなと思ったからです。そして、出会いカフェで知り合った40代の男性が焼肉を一緒に食べようと言ってくれたのでその人とデートをすることにしました。

「出会いカフェにはよく来ているの。」「たまに。友達の家に上がり込んでいるんだけど、友達の彼氏が来るときはここを利用しているの。」「実家には帰らないの。」「父が口うるさくてね、会うたびに就職しろ。バイトを辞めろ。彼氏を連れてこい。って、人の気持ちを考えずに一方的に言うから嫌いなの。」「俺も5歳の娘がいるけど、口うるさくないようにしておこう。」焼肉を食べた後、彼は私にホテル行こうと誘って来ることはなく5万円のお小遣いをくれました。「こんなに貰っていいの。」「うん。その代わりまたデートしてね。」こうして私は彼と連絡先を交換しました。それから1週間後再び彼に会いました。ある意味彼は私のパパみたいな存在になって来ました。そのせいかアルバイトもしなくなり、ますますダラダラ生活を送ってしまうようになりました。
女子大生の神待ちと初対面

「あんた、いつまでうちに泊まるの。そろそろちゃんと生活しないとダメだよ。お金パパから貰っているならそのお金で部屋でも借りたら。」「だって、先輩の家落ち着くんだもん。」それを言うと何も言わなくなる先輩。先輩が男ならもっといいのになと思ってしまう私でした。
泊め男
家出の理由