チャットレディ

自分でもバカだと分かってたけど、チャットレディに恋しちゃったことあるんだよ。
それで、バカみたいに金使っちゃって。
当時、貯金のほとんどそのチャットレディに使っちゃったからねー。
好きだから、独占したくなっちゃうんだよ。今行かないと他の男に取られちゃうって本気で思ってたからね。
それに、今思うと、チャットレディの人も仕事だから付き合ってくれてただけなんだけど、特に俺に気があって、特に俺を待っててくれてるんだと信じてたし。
もちろん、思い切ってリアルにデートに誘ったことあるんだよ。
だけど、「昼の仕事もしてるし・・・無理」なんて涙目で言われると、諦めるしかなくて。
客観的に見たら、「騙されてる」ってすぐに気付くけど、当事者になってみると、これが気付かないんだよ!
ライブチャット
男ってバカだよなって思うけど、真面目に本当に気付かなかったからね。
「俺たち、出会う形を間違えただけ」なんて素で言ってたし。
今思うと、顔真っ赤だよ。
あのチャットレディの人も、内心は俺のこと笑ってたんじゃないの?
向こうは引っ張れるだけ金を引っ張ることしか考えてなかったんだと思うし。
まぁ、だけど、俺の場合は、相手がチャットレディで良かったかも。
これをリアル彼女にやられたら、ちょっと女性不信になるところだったかも。
相手がチャットレディだから、「あの女はもともとそういう女だった」って諦めもつくしなー。
別に、そういう仕事をしてる人に対してすべて悪印象を持ってるわけではないけど、いい印象は全くないよね。
クリ調教
クリトリス拷問

オナニー友達

最高に楽しかった出会い系の出会いでした。
普通に女の子とオナニー友達になれたんですよ。

女の子のタイプはというと、とにかく積極的そうな見た目です。

サラサラのロングヘアーがとても似合うOLさゆでした。

どんないやらしいことをしようかなんて思いながら出会い系を使っていましたが、結構良い女の人には男からの連絡が多いからかなかなか最初の返信がない状態が続いたんですよね。

そろそろ諦めようかなぁと思っていたところに彼女からの返信がきました。

普通にこれはオナニー友達を作るチャンスだと思い、色々と絡んでいくと出身地が同じという奇跡が起こったんです。

そこからはトントン拍子で仲良くなっていき、良い感じのムードになりました。
オナニー友達

とりあえず電話で話してみるかという感じになったんで、そのまま会話をしてみると可愛い感じの雰囲気に変わりました。

見た目はクールな印象でしたが、話せば話すほど可愛い系というギャップが自分のストライクど真ん中でしたので何が何でもエロいことをしてやるという思いに変わっていったんです。

とりあえず会ってセックスまで持っていければ理想的なんですが、とりあえずはその前に仲良くなることが先決です。

焦ってはダメだと理性を保ちながら彼女と色々絡んでいましたが、本当に最高に楽しい時間を過ごしていった結果、気づけば下ネタが話せるようになっていたんです。

これは良い感じだと思って彼女の今までで一番興奮したセックスとか性感帯を聞いていくとムラムラするような感じになっていることに気づきました。

とりあえず濡れているんならそのまま触ってみて教えて、というと少し喘ぎながら触ってくれるようになりました。

そのままオナニーをさせてしまい、こちらも同時進行でしてしまうというオナニー友達になっちゃったんです。
テレエッチ
オナニーの見せ合い

なめ犬

大学の頃なんだけど、バイトでなめ犬してたことあるんだよね。
最初はホストでバイトしてたんだけど、そこで知り合った女性の人と契約して、専属のなめ犬ってことで、大学の数年間お世話になってた。
正直、ホストの世界って水にあわなくて、酒もそんなに強い方じゃないしさ、それに、女の子騙してお金出させてるみたいで、気分悪くて。
何気に顔に自信があったから、余計に気が重くなってた時だったんだよね。
その彼女、多分俺のそういう内面とか、気質とか、もろもろ全部見抜いてたんだと思うよ。
それで専属のなめ犬ってことで、お金もらうようになって、それてホスト辞めたんだもん。
辞めてほっとしたよね。店からはちょっと嫌がらせとかもあったけど、辞めた後は全部関係切ったからね。
クンニ 舐め犬
相手の女性の人は、お客さんだった人なんだけど、名古屋で会社経営してるって人で。
自分も大学が経営学部だったから、すごい勉強になったよね。
女経営者ってことで、最初は近寄りがたいとか、とっつきにくいってイメージがあったんだけど、付き合ってるうちに本当はさびしがり屋だったり、意地張ってるだけだったり、そういう可愛い面が見えてきて。
態度は横柄で時々横暴な時もあるけど、後から考えると、それは優しさからだったりするんだよね。
まぁ、複雑そうに見えて、じつは単純な可愛い女だったわけ。
なめ犬としてそばにいた間、勉強になったよね。
今は、自分も社会人で、なめ犬のお役は果たせてないけど、時々食事に誘われる。
こういう女性もいるんだなーって、女のこと見直すきっかけをくれた恩人だよね。
なめ犬募集
舐め犬

パパ活

妻は5年前に亡くなり、60代を1人で過ごしています。そんな私の姿に息子は哀れに思ったのか、スマホを買ってくれました。この歳でガラゲーだった私がスマホを使いこなせる自信がありませんでしたが、息子が頻繁に家にきては私にスマホの操作を教えてくれたおかげで今ではネットで調べ物をしたり、メールや写真、電話など一通りのことができるようになりました。

そんなある日のことでした。60代になってもまだまだ性欲は強い私はスマホでHなサイトも覗くようになり、やたら登録するのは危険だと思ったのでただ覗くだけにしました。そして、パパ活の掲示板に目がいきました。お金があれば女の子が私でも甘えてくれるのかなと、下心丸出しな私はパパ活をしている女性が気になり、
お金くれる人の募集の方法を教わり見つけたセックスなしの愛人
遂にパパ活している女の子にメールを送ってしまいました。こんな事息子にバレたら飽きられるなと思いながら私は童心に帰ったような気持ちで彼女の返信を待ちました。すると、夜メールの返信がありました。

「龍二さん62歳なんですね。私のおじいちゃんも同じ歳。これからもよろしくね。」おじいちゃんと同じ歳には少し驚いてしまいましたが若い子とメール出来て本当に嬉しかった。

メールを始めて1ヶ月で彼女から直接会おうというお誘いがありました。お金の交渉とかあるからかなと思いながらも彼女に会えるということになって嬉しい私は久しぶりに洋服も買ってしまいました。少しでも若く見られたいと思う自分に変な感じでした。
クリトリスバイブ